2010.7.2

ポートフォリオ制作のためのセミナーを開催。
助手

授業の話ではありませんが、学生たちが集まって行ったことなので少しご報告します。

グラフィックデザイン専攻の学生に向けて、グラフィックデザインの全教員による「ポートフォリオ・セミナー」を開催しました。毎年、3年生の夏休み前ごろから就職活動がスタートします。就職活動の第一段階は、自分のポートフォリオを持って会社への訪問です。その時に持参するポートフォリオのレベルが第一印象となりますから、とても重要です。

今までは学生たちが自主的にポートフォリオを作成して、それを教員の私たちがアドバイスをすることで完成させていました。とても美しいポートフォリオを作る学生、自分を良く表現できている学生、見応えがたっぷりの迫力満点なポートフォリオを作る学生、そして、どうして良いのかわからなくて困っている学生などなどさまざまです。

今年は、まずポートフォリオの大切さや作成するときのポイントなどを知ってもらうことを目的に、初めてセミナーの開催を試みました。どれだけの学生が集まるのか、ちょっと心配しながら当日を迎えたのです。

RIMG0003

当日は朝から夕方までグラフィックデザインの専門科目が続く一日で、とてもハードな授業を終えた3年生を中心に100人くらいが、大きな教室に集合しました。イスも足りなくなるほどの学生が集まってビックリしましたが、学生たちは真剣な眼差しです。

RIMG0010

RIMG0029

最初に「就職することの意味」のような全体的な話から始まり、すでに就職の内定(採用通知)をもらっている学生へのインタビューへと続きます。実際に活動してきた経験談に、3年生たちは真剣に聞き入っています。話がとてもリアルだから、参考になっている様子です。2年生と1年生も数人参加していましたが、彼らには少しリアリティがないから難しい話だったかもしれません。

RIMG0007

その後は、参考ポートフォリオの閲覧です。作成した先輩の学生から丁寧な説明を受けて、みんなメモを取っています。やっぱり実物のポートフォリオを見るとその完成度の高さが一目瞭然です。百聞は一見にしかずとはこのことです。

RIMG0039

RIMG0043

RIMG0044

RIMG0046

質問もいろいろ出たりして、とてもパワフルで有意義なな2時間30分でした。また第2回の開催を約束して終了しました。参加した学生の皆さん、お疲れさまでした。学生ひとりひとりが、これからのポートフォリオ作成のヒントをひとつでも手に入れてくれていたらうれしいです。