2010.7.16

教室を模様替え
助手

昨日の授業、2年生の「グラフィックアートA?」の中で、ひょんな話から教室の模様替えをすることになりました、

もっと授業を楽しくするためには、もっとモチベーションを上げるには・・・等を話し合っているうちに、教室の中でテーブルの配置が良くないんじゃないかっていうことになったわけです。

それだったら、学生にみんなが授業のやりやすい配置、元気に参加しやすい配置は何だを考えて、実際に配置換えをしてみることにしました。

学生にみんなは真剣にディスカッションをして、いろいろと配置を検討しています。

そして、ついに決定的に良いと思えるテーブルの配置が完成しました。

早速、そこで授業の再開です。

なんと、教室のムードがぜんぜん変わって、とても良い感じです。

学生たちがいろいろと考えて試行錯誤しながら、少しずつでも理想に近づいていくことが大切だと実感しました。

大学は学生が主役だから、学生にとっての理想を実現していかないといけないのです。とは言ってもダイナミックな改革はそんなに簡単にはできません。できることから始めていこう。私たち教員はそれを応援します。

RIMG0018

RIMG0019

見てください、この明るい表情を。

テーブルの配置だけで、こんなにムードが変わりました。

みなさんも自分の部屋の模様替えをしてみたらどうでしょうか?

きっとパッと楽しくなると思います。