福田 秀之

10/28/2011
福田 秀之

台北国際デザイン大会

台北で開催された、IDA国際デザイン大会に行ってきました。

IDA(国際デザイン連盟)とは、Icsid(国際インダストリアルデザイン団体協議会)、Icograda(国際グラフィックデザイン団体協議会)、IFI(国際 インテリアデザイナー団体連合)の3機関によるネットワーク。デザインによる、包括的かつバランスのとれた、サステイナブルな国際社会の実現を目指し、分野を超えた連携を推進しています。

IDA発足以来初の合同大会とのことで、国を挙げての大イベントでした。

オープニングパーティーは、すごい人数でまるで屋外ライブです。

0203

JAGDAが「東北復興支援チャリティ やさしいハンカチ展」を日本に先駆けて発表しました。
私は展示の監修をしました。
0405

面白い展示がたくさんありました。
一部を紹介します。
060708091011

台湾のデザインに対する強い熱意を感じました。
もっとたくさん面白いモノがあるのですが、それはまた別の機会に。

08/22/2011
福田 秀之

こんなのでました

福田です。

夏休みというわけで、釣りに行ってきました。
いつもこんなところでイワナ釣りをしています。
01

02

6月の山形でのこと、釣りの途中ふと対岸をみるとちょろちょろ動く物が…
つかまえてみると…………鴨のひなでした。
03

04

今回行った秋田の川ではこんなのが…
05

06

サンショウウオですね。(ハコネサンショウウオのようです)

夕方は地元のうまい店でゴハンを食べて
08
(?なカンバンですがうまかった)

で、
07

温泉です。
ここは須川温泉というところです。毎回いろいろな温泉に入ってます。
やっぱり温泉は気持ちいいですね。

9月までにあと何度かはいくつもりです。

01/28/2011
福田 秀之

ねぶたの家 ワ・ラッセ

年が明けてはやひと月、もうすぐ受験がはじまりますね。

受験生の皆さん、くれぐれも体調には気をつけて、ベストの力で試験に臨んでください。

さて、昨年末に東北新幹線の八戸 – 新青森間が開業しましたが、1月5日JR青森駅前に、青森市文化観光交流施設「ねぶたの家 ワ・ラッセ」がオープンしました。

www.nebuta.or.jp/warasse/

WARASSE01_0128

私はこのシンボルマークをデザインしたのですが、ここは、ねぶた祭の歴史や魅力を余すことなく紹介し、ねぶたのすべてを1年を通じて体感することができるミュージアムで、毎年、祭本番に出陣した5台程度の大型ねぶたの他、中型ねぶたやねぶたのパーツなどが所狭しと展示・紹介されています。

.

dl-03

dl-05

dl-06

dl-08

.

展示物も興味深いのですが、建築もとても魅力的なデザインです。鋼板スクリーンといって鉄板の帯をグルリと外壁に取り付けてあり、入り口などところどころグニャリと曲がっていますます。遠くから見ると、柔らかい布を垂らしてあるような不思議な感覚にとらわれます。

.

dl-011

.

本物のねぶたは、間近で見るとすごい迫力ですよ。近くに行くことがあれば、ぜひ見に行ってください。

11/09/2010
福田 秀之

浅草・お酉様

浅草・鷲神社の酉の市に行ってきました。鷲神社は、日本武尊を祀った武運長久・開運・商売繁盛の神社だそうです。毎年事務所のスタッフとお参りをして熊手を買っています。今年はめずらしく昼間に行ったのですが、すでにすごい人出でした。もみくちゃになりながら、いつもの店で名物女将さんに一年ぶりに挨拶します。

.

199200

.

無事熊手を買い、お参りしてから屋台をひやかしながら帰ってきました。

.

209212

.

ご当地グルメやB級グルメ、海外の食べ物などいろいろあります。改めて見ると屋台の文字には味がありますね。

機会があればみなさんも観察してみてください。

.

225227233235237248249220240244230238

07/28/2010
福田 秀之

セゾン現代美術館

軽井沢にあるセゾン現代美術館に行ってきました。

この美術館には、カンディンスキーやパウル・クレーからジャスパー・ジョーンズ、マン・レイ、ウォーホル、キーファー、クレメンテなどたくさんの素晴らしい作品がコレクションされています。また彫刻の置かれた庭園には小川が流れ、晴れた日には来館者が気持ちよさそうに散歩しています。

私はグラフィックを担当しポスターなどデザインしているので何度も訪れていますが、本当に気持ちのいい美術館です。

ぜひ、皆さんも夏休みに訪れてみてはいかがでしょうか。

.

DSC00327

庭からエントランスへのアプローチ。

.

DSC0353ジャスパー・ジョーンズ/クレメンテ

.

DSC0356

ジュリアン・シュナーベル/岡崎乾二郎/横尾忠則

.

DSC0359

マーク・ロスコ/アンディ・ウォーホル

.

DSC00349

プレゼンして採用されなかったポスター案が、美術館の計らいで入り口脇に展示されています。作者としてはうれしいような恥ずかしいような…

06/19/2010
福田 秀之

GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2010

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)の2010年版年鑑の発行を記念した展覧会[GRAPHIC DESIGN IN JAPAN]が、六本木の東京ミッドタウン・デザインハブで7月25日まで開催されています。この展覧会では、2700点以上の応募作の中から年鑑に掲載された約600点のうち、さらにセレクトされた約300作品が展示されています。いうなれば、現在最も注目されているグラフィックデザインが一覧できるわけです。幸運なことに、私は本展の会場構成を担当し、什器や全体の配置・構成をデザインしました。

.

会場風景

IMG_2615

.

IMG_261611

.

IMG_26036

.

左は秋田先生の作品です。

IMG_26144

.

自作の前で、木住野先生です。

IMG_26185

.

私の作品も展示されています。

IMG_26122

.

とても見応えのある展覧会です。ぜひ観に行くことをオススメします。

あと、会場は撮影禁止です。この写真は特別に許可をもらって撮影していますので悪しからず。

東京ミッドタウン・デザインハブ第22回企画展
「日本のグラフィックデザイン2010」
2010年6月18日(金)?7月25日(日) 11:00-19:00 会期中無休
会 場:東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)
入場料:無料東京ミッドタウン・デザインハブ第22回企

2010年6月18日(金)?7月25日(日) 11:00-19:00 会期中無休 入場無料

会 場:東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)

http://www.designhub.jp/exhibition/

06/09/2010
福田 秀之

校外授業

グラフィックデザイン専攻の2年生全員で、文京区にある印刷博物館に校外授業に行ってきました。ここは凸版印刷が、古いポスター、チラシ、書籍から最近の印刷物まで、バラエティ豊かな資料を収蔵し、印刷文化の関わりについて多角的に展示しているミュージアムです。また、印刷をテーマにした様々な企画展も行っており、今は新村則人さん、菊地敦己さん、福岡南央子さん、仲野昌晴さんの4名が参加しているグラフィックトライアル2010が開催されています。

.

IMG_2551

印刷の歴史を展示しているコーナーから見学。モノゴトを伝えるというコミュニケーションの原点から始まります。

.

IMG_2542

学芸員の解説をみんな真剣に聞いています。

.

IMG_2567

グラフィックトライアル2010の会場風景。

.

IMG_2561

各作品について、凸版印刷の福田大さんに詳しく教えていただきました。これは、福岡南央子さんの作品です。

.

IMG_2571

印刷工房にて、簡単な活版印刷を体験しました。コンピュータフォントと違う活字の魅力を感じた人も多くいたようです。

.

グラフィックデザインにおいて最も重要な表現手段である「印刷」について、さまざまな角度から学んだ一日でした。大学でも印刷実習はありますが、過去から現代までのさまざまな印刷物や、最先端の手法を目の当たりにし、みんなおおいに刺激を受けていました。この刺激は今後の作品制作にきっといろんな形で響いてくることでしょう。

06/04/2010
福田 秀之

力作ぞろい

今日は3年生の「ビジュアルコミュニケーション?C ?」の講評会、テーブルに納まりきれないほどの力作がズラッとならびました。

テーマは「怒」。世の中に対する怒りや不満など、自身が良くないと思うことをグラフィックデザインという手段で解決しようという取り組みです。公共マナーの悪さに対する怒りから、環境問題、腰パンや草食系男子に対する怒りまで、さまざまな怒りが爆発?しています。当初、テーマに戸惑っていた学生も、ディスカッションを重ねスケッチを繰り返すうちに、デザインで問題解決するということがどういうことなのか、だんだんと実感できてきたようです。

プレゼンテーションと講評・議論も白熱し、あっという間に過ぎた3時間でした。

.

DSC_00250

.

DSC_00990

.

DSC_01200