06/07/2011
学生

パウル・クレー

こんにちは、岩渕由樹です。

今日は学芸員の授業のひとつで、近代美術館へ校外学習に行きました。

IMG_1291

IMG_1292

企画展の「パウル・クレー おわらないアトリエ」が目的です。

展示を見る前にこの美術館の学芸員の方のお話を聞きました。そのあといくつも質問をさせていただいたのですが、その方がとても気さくで情熱家で素敵な方でした。とても充実した時間を過ごせました。クレーの色彩きれいだなぁ〜。

IMG_1295

集合時間前。なんだか修学旅行みたいでどきどきわくわくでした^^

おや、カメラ目線が二人ほどいますね。笑


学生

歌川国芳

しょこです。辻です。こんにちは^^

暑くなってきましたね。本当に苦手です、夏。夏の開放的な雰囲気は大好きなんだけどなーなんせ体力が付いていきません^^

さて、土曜日、に課題で使う材料の買い出しに、渋谷と原宿に行ったのですが、

原宿にて、目的地に向かう道すがら、偶然遭遇した歌川国芳展を見て来ました!

勢いで!吸い寄せられるように・・・・

kuniyoshi2_0002

私、昔から江戸時代に興味があるんですけど、浮世絵に関してはあまり馴染みがなかったんです。

お恥ずかしながら、歌川国芳のこともほとんど知りませんでした。

(予備校時代、先生に、辻、無知は罪だよ・・・。と、毎日のように言われていたことを久しぶりに思い出した。)

結果、大好きになりました。国芳様。

広重や北斎と同時代に活躍しながら、そこまで脚光を浴びることがなかったようですが、

筆遣いや色使いが、よく見る浮世絵と全然違うんです。色使いがビビットでとてもキレイだし、ちょっと現代チックな部分もちらほら。

よくある役者絵も、あえて線を強くしていたり、おもしろいんです。

お気に入りは、妖怪絵の中の蝦蟇仙人!

それから、長い絵巻に細かくびっしり描かれたラフスケッチ。

本当にラフで、街行く人の姿や町並みが筆でさらさらーっと描かれていて、たまあに一言添えてあったりするんですけど、なんですかね、これが一番、当時の雰囲気が伝わって来たんです、なんかもうドキドキしました。ふう。

今年が没後150年ということで、これからいろんなところで国芳展開催されるみたいですね^^楽しみ^^

私が見に行ったものは、原宿の太田記念美術館で6月26日までやっているみたいなので、是非!おすすめです!

ちょっとおまけ

DSCF9967

例のしげしげ宅ピザパーティにて、スマブラに夢中な2人

DSCF9982

手がプルプルしている助手さん^^