2010.9.29
長井 健太郎

SURFACE & COMMUNICATION

大学院の大村君と岸君の展示の紹介です。

室内建築の沖先生が主査を、私が副査をやらせてもらっている院生です。

大村君はSURFACEというテーマから、グラフィカルな立体表現を行い、

岸君はCOMMUNICATIONというテーマでインタラクティブな作品を制作しています。

それぞれグラフィックデザインにおいても重要なテーマですが、

彼らは領域を超えて、様々な表現を試みています。

また、大村君は膨大なスケッチを行っていますが、その一部も展示されています。

その辺りもふまえて、グラフィックデザイン専攻の学生にぜひ観てほしいと思います。

10月2日(土)まで 11:00?17:00(最終日15:00)

東京造形大学 12号館1階 ZOKEIギャラリー

DSC00401

会場風景

DSC00407

大村君の作品「黒文字楊枝」。

DSC00421

岸君の作品。口説き中(笑)。