01/28/2011
長井 健太郎

ZOKEI展

1月22日、23日にZOKEI展が開催されました。

http://www.zokei.ac.jp/news/2010/105.html

4年間の集大成ということで数々の力作が展示されました。

ZOKEI賞を受賞、またノミネートされた方々、おめでとうございます。

賞を獲った人も、残念ながら獲れなかった人も、これからがスタートです。

今回得た経験を、次の作品や展示に活かしてください。

DSC00616

DSC00609

DSC00603

DSC00611

DSC00595

以上が副査として担当した作品のいくつか。

DSC00621

この椅子はちょっと欲しいと思いました。

DSC00624

室内建築専攻の学生の作品。妙な立体感が不思議な作品。

DSC00630

テキスタイルデザイン専攻の学生の作品。アルファベットを使ったパターン。細部も丁寧です。

などなど、全て載せきれませんが、グラフィックデザイン以外の専攻も力作が揃っていました。


福田 秀之

ねぶたの家 ワ・ラッセ

年が明けてはやひと月、もうすぐ受験がはじまりますね。

受験生の皆さん、くれぐれも体調には気をつけて、ベストの力で試験に臨んでください。

さて、昨年末に東北新幹線の八戸 – 新青森間が開業しましたが、1月5日JR青森駅前に、青森市文化観光交流施設「ねぶたの家 ワ・ラッセ」がオープンしました。

www.nebuta.or.jp/warasse/

WARASSE01_0128

私はこのシンボルマークをデザインしたのですが、ここは、ねぶた祭の歴史や魅力を余すことなく紹介し、ねぶたのすべてを1年を通じて体感することができるミュージアムで、毎年、祭本番に出陣した5台程度の大型ねぶたの他、中型ねぶたやねぶたのパーツなどが所狭しと展示・紹介されています。

.

dl-03

dl-05

dl-06

dl-08

.

展示物も興味深いのですが、建築もとても魅力的なデザインです。鋼板スクリーンといって鉄板の帯をグルリと外壁に取り付けてあり、入り口などところどころグニャリと曲がっていますます。遠くから見ると、柔らかい布を垂らしてあるような不思議な感覚にとらわれます。

.

dl-011

.

本物のねぶたは、間近で見るとすごい迫力ですよ。近くに行くことがあれば、ぜひ見に行ってください。